ホームページ タイトル 本文へジャンプ
「インド子ども人権基金」とは?


FHRCI  「インド子ども人権基金」はインドのタミルナドゥ州チェンナイ市を中心とした都市スラムや農村スラムの子どもたちの就学援助のために毎月継続的にサポートしていただける里親(子どもの就学援助を目的としたもう一人の「保護者」を募り、現地のパートナー団体「ダリット文化協力協会」(代表:エリー・キャロリン 弁護士)と連携をはかりながら里親と子どもの直接的な市民国際交流を推進する団体です。
 この子どもたちはダリット(被抑圧者=不可蝕民)とイルラー(先住民族)の子どもたちで、インドのカースト制度というヒンドゥー教の身分制度によって「不可蝕民」として差別と抑圧、貧困を強いられてきた人々です。そしてこの貧困は児童労働、不就学、中途退学、そして不安定就労という悪循環となっています。教育をつけて新たな就労を切り開く以外にその悪循環を断つことはできません。
 私たちは社団法人東京都部落解放研究所が主催するインド人権スタディツアーを契機に、インドのダリットに対する差別の実態を学んできました。その中で身分差別と貧困を克服するためには、特に子どもたちの教育支援の必要性を痛感しました。
 私たちができることは何か?そんな問いかけを具体化するために、子どもたちへの就学援助という直接的な支援をおこない、あわせて具体的な国際市民交流を通して児童労働の撤廃や不就学児童や中途退学の解消などを目的に「インド子ども人権基金」を立ち上げることにしました。